今年の秋の彼岸は?法事や墓参りの他に子孫がすべきこと

こんにちは。

少し暑さが和らいだかなというこの頃です。

そろそろお彼岸になります。暑さ寒さも彼岸までと言われますね。秋に近づいているようです。

今回は、お彼岸について書いてみました。色々法事が行われると思いますが、心得のほうも大事かなと思いましたので、拙いながらまとめてみました。

他にも詳しいサイトがあると思いますので、参考までに。

彼岸の意味

彼岸(ひがん)は雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。

最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」と呼ぶ。

俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされている。

(Wikipediaより)

今年(2017年)の秋の彼岸は、秋分の日が、9月23日(土・祝)ですから、9月20日(水)から9月26日(火)となります。

  • 9月20日(水) 彼岸入り
  • 9月23日(土祝) 中日(秋分の日)
  • 9月26日(火) 彼岸明け

六波羅蜜とは

この世を此岸(しがん)、梵語では波羅蜜多と言います。この世の苦しみ、煩悩から解脱して、涅槃の境地(悟りの世界)に至るまでに、六つの修行があると言われています。それを六波羅蜜というようです。

その修行はどんなものかというと、

布施 (ふせ)

清く美しい心で惜しまず差し上げること。財施、身施、法施、無畏施、顔施、と色々形があります。

持戒 (じかい)

戒律を持つ、守ること。悪事を戒めるのもありますが、善行を勧める意味もあるようです。

忍辱 (にんにく)

侮辱、屈辱、辛い困難を耐え忍ぶこと。日本刀は、火で焼いて、叩いて、水に突っ込んで冷やすことを繰り返します。このような苦難を乗り越えることて名刀になり得ます。。

精進 (しょうじん)

悪いことをやめて、善行を心をこめて、行い続けること。一番日常語に近いと思います。

禅定 (ぜんじょう)

心を落ち着けて動じないこと。どんな場面でも心を平静に保ち、雰囲気に流されないことです。

智慧 (ちえ)

真理を見きわめ、真実の認識力を得ること。一番効果のある方法を見つけ出す。単なる知識ではなく智慧でもって物事を考えることです。

三途川をわたる前に

此岸と彼岸を分ける境目にあるとされる三途川。これを渡るには六文銭がいるらしい。ここには、奪衣婆という役人がいて、白衣ではない霊(死人)を着替えさせるとか。

そして川を渡ると、各人の衣の色が変わるそうです。その色の種別により霊界のどこに行くかが決定されます。天国か、地獄が、あるいはやちまたか……果たして何色に染まるのでしょうか?

この川を渡る前に上記の修行をしていったほうが良さそうです。

法事や墓参りも大切な行事ですが、個人個人が行ずることは、もっと重要事項ではないかと思います。

まとめ

彼岸に入る前にどういうものかを書いてみました。仏教色が強いですが、宗教に関係なく、六つの修行は出来そうです。自分も地道にこれらを継続していきたいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました‼

~~~~~~~~~~

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)