大人喘息で、フィットネスの筋トレと水泳での体質改善に取り組む

こんにちは。

喘息完治シリーズです。前回で、水泳の効果は本当かもと書きました。

しかし、なかなか大人になると、授業とかがないので、おいそれとプールにはいけないものです。(しかもいける状態でもない・・)

でも、物は試しーーということで、実際にやってみようと思い、ジムとプールが併設されたフィットネスクラブに入ってみました。

現在は、もう止めております。数か月は頑張りましたが、それ以上に発作の頻度が高かったために、断念しました。そのため、通っていたときに得られた情報を書いております。

身体検査で意外な結果

喘息が毎週末出ているのに、続けられるのかと、妻と言い争いになりましたが、現状に体力的にも筋力的にも落ちているので、乗り越えるにはこの方法が必要だと訴え、何とか通えることになりました。

子供がすでに通っている、スイミングスクールとジムが一体になった施設に通うことになりました。ひと月、5千円近くかかりますので、元手を取るためには、かなりの回数を通わなければなりませんでした。

最初に身体検査があり、色々なチェックがありました。その時、体重の軽さに驚きました。こんなに痩せていたか…という感じです。また筋力が厳重注意レベルで、明らかに痩せすぎと診断されました。

少し意外な結果だったのが、血圧血流測定でした。あれだけ喘息発作で死ぬような辛さを普段しているにも関わらず、KSGパターンの中のスワン型という診断だったことです。

スワン型とは、

健康型 理想的な血流パターンです。
心臓から送り出される血液、末梢循環のバランスのとれた正常な血液の流れです。自然治癒力の高い人が多い。

とされています。

以前大病院で、心臓の検査を受けたとき、異常なしと診断されたことを思い出しました。体のどこかでも正常と言われることは、やはりうれしいことです。

自然治癒力が高いようですので、薬を使わない方法で乗り越えるのに必要な力は備わっているのでしょう。

水泳と筋トレ両方を試す

ともかく、筋力アップが急務だと考えて、それに合わせたトレーニングを計画してもらいました。最初は、全身にまんべんなく筋力をつけるようなメニューでした。

  • エアロバイク・・・自転車をこぐようなもの
  • アブドミナルクランチ・・・腹筋
  • ロータリートーソ・・腹斜筋
  • チェストプレス・・・胸筋
  • ラットプルダウン・・・広背筋
  • レッグエクステンション・・・ふくらはぎ
  • レッグカール・・・これもふくらはぎ、かな
  • レッグプレス・・・太もも
  • ウォーキングマシン・・・早歩きをしました

※名前は、うろ覚えなので、下記のリンクのような、いろんな方が紹介しているフィットネスマシンのページを参照してください。

トレーニングマシンの名前や種類まとめ!全身を鍛える効果的な使い方は?

トレーニングマシンの種類と使い方17選!豊富なマシントレーニングで全身を筋トレ!

スポーツジム初心者へ!トレーニングマシンの名前と使い方11選

初級段階なので、重りはかなり軽くして行いました。久々に運動をしたという爽快感を味わいました。同じメニューを6回ぐらい行い、徐々に負荷をかけていくという感じで続けていきました。

水泳については、水泳経験者なので、自分のペースで数日間続けました。クロールと平泳ぎ、背泳ぎを一日300mくらい泳ぎました。これは、週1、2回のペースで続けました。

クラゲのように~~~漂いたい

運動後に起きた発作で、効果を確認

最初のメニューを、数回通ったところに、発作がやってきました。

筋トレの効果

残念ながら筋トレを行ったことと、発作の低減には大きな関係性が感じられませんでした。まだ始めたばかりなので断定はできませんが。

※これに関しては、以下のブログに経過を書いてます。

喘息発作を楽に乗り越えるための、おすすめの筋トレ

水泳の効果

水泳は多少効果はありました。全身運動で、しかも強制的に深く息を吸うため、肺の方が鍛えられる感じがしました。終わった後、深呼吸すると、空気が腹の奥まで入っていく感覚がありました。

しかし、運動後の発作は、抑えられていたからか、ヤバイ窒息ゾーンにおちいってしまったので、両方の効果はちょっと疑わしくなってしまいました。

ただ、痰は後からぞくぞくと出てきたので、早く出すという点については、効果ありだと思いました。

※ずっと続けられたらよかったのですが、先に書いたように、発作が頻繁に起きるようになってきたため、フィットネス通いは数か月で断念しました。

ただ、それぞれに効果があることがわかったので、もし試される方は、参考にしてみて下さい。

クラブ室内の冷房は厳しいので、服装で調節を

今は夏場(当時)ですが、クラブ室内は常に冷房中で、あの入ったときの冷気を浴び続けるのも、中々大変です。

冷たい空気を吸ったときには苦しくなるので、マスクと長袖ジャージは欠かせません。ひどいときはなるべく外へ出るようにしています。

家の話ですが、家族は冷房を使って快適にしていますが、自分は別室で扇風機のみで、汗だくになっております。

冷房の部屋だと、体温が下がってしまい、発作を起こした時は、痰を出すのにも、いつもの倍くらいの労力がいるので、仕方がないところです。

喘息で痰を出すには、熱が必要になりますからね。

喘息の仕組み 体の発熱は心臓の鼓動と太陽熱に関係あり

喘息は体を冷やさずに筋肉の血流を上げ、原因物質を早く溶かすこと

冷やしすぎに注意

まとめ

喘息発作を改善するための水泳と筋トレは、その効果が、数か月後の時点で、少なからず鍛えれるという意味では、結構ありだと思います。

喘息の皆さん、暑い夏場は大変だと思いますが、体力を落とさぬよう、また温度調節に気を配って、何とか無事に乗り越えられますよう、お祈り致します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました‼

~~~~~~~~~~

喘息の苦しみを乗り越えるために、心の面、その仕組み、同じ喘息の有名人のことを

取り上げています。

喘息の苦しみを乗り越えるには、平常心と肯定と生きる使命に気付く事

低気圧と喘息 胸膜硬化と毒素移動の仕組み、呼吸と水分の関係とは

有名人で喘息持病の方々 その活躍に敬意を表します

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大