場を和ませる笑いを広げる。笑うことと笑わせること

こんにちは。

笑いの効能は色々な分野で取り上げられています。医療現場では、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞が、笑いによって活性化され、がんや感染症にかかりにくくなると言われていたり、認知症の症状の進行を抑える効果が研究されたりしているようです。

また、笑い療法士という資格も見つけました。

社)癒しの環境研究会

笑わせること

人を笑わせるには、単純には笑顔になるのが手っ取り早いでしょうが、言葉で笑わせるには、結構センスが必要だと思います。

よく人の欠点や失敗をあげつらうことで笑いを取ったりする場合がありますが、こういうのは場の雰囲気を崩します。言った方は勝ち誇った感じになりますが、言われた方は悪く言われたことと恥をかかされたことに恨みの想念を持ち続け、いつか相手を復讐しようとします。これでは双方幸せにはなれません。

これに対して、当意即妙な笑いを取れる人は、聞き手の所作をよく観察して、周りにも配慮する気配りができるため、一目置かれる存在になると思います。ウィットに富むというのでしょうか。場を和ませる高等なテクニックと言えます。それに、質の高い笑いをお互いに提供することは、より良い人間関係を築きましょうという意志表示でもあると思います。

これとは別に、人生で苦難を乗り越えて来た経験を、上手に面白く表現する人が世の中にはおられます。自分の失敗を笑いに変えられる懐の深さを感じます。この意味で、しくじり先生等は、色々な学びがあると思います。

笑われること

よく、何をしても笑って許される人がいますが、こういう人はもうそこに居るだけで場を和ませることができる貴重な才能の持ち主です。天性の笑いのツボを習得して、この世に生まれてきたのかもしれません。

また、特に幼児は何をしても微笑ましく、自然と笑いを誘われると思います。自分も殺伐?とした夫婦喧嘩中に、子供たちのちょっとした仕草に爆笑させられて、何を言い争っていたか忘れることは結構多い気がします。

線引きが難しいところがありますが、変わった言動をした本人に、その意識がないのであれば、「笑われた」ことになるのかと思います。天然という言葉で表現されたりしますが、双方に悪意や被害がなく、場を和ませる効果があるのならば、この笑いも大いにアリだと思います。

おわりに

冷えきった夫婦間も、ぎこちない親子間も、他人間のいざこざも、上下間の軋轢も、国家間の摩擦も、その関係を改善しようと思ったら、相手への非難の矛を一旦おさめて、質の高い笑いをお互いに言いあえる環境づくりを少しずつ積み重ねるのがいいのではないかと思います。

現在の世の中では、外交的駆け引きや武装(武器や理論)による威圧で解決しようとするのは、仕方のないことかもしれません。が、民間人は民間人なりに、個人個人の笑いのツボをつかみあうことで、その場の和みを広げていけたら良いなあと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)