有名人で喘息持病の方々 その活躍に敬意を表します

こんにちは。

(8月26日加筆修正)

前回は、自分の体験をもとに、喘息の真の原因を書いてみました。

少し話題を変えて、喘息持ちの有名人て、どれくらいいるんだろう、と調べてみましたので、挙げてみます。

喘息の持病がある、または発症された有名人

一応五十音順に

  • 彬子さま(三笠宮家)
  • 葵わかな さん(追記:2018年4月の情報番組で実は私もと言われていた)
  • 秋元康 さん
  • 秋山竜次 さん
  • 飛鳥涼 さん
  • 天野ひろゆき さん
  • イアン・ソープ さん
  • 糸井重里 さん
  • 岡崎慎司 さん
  • 乙葉 さん
  • 島崎遥香 さん
  • 加藤浩次 さん
  • 香取慎吾 さん
  • 菅野美穂 さん
  • 樹木希林 さん
  • 清水宏保 さん
  • 竹下景子 さん
  • DAIGO さん
  • TERU さん
  • 辻希美 さん(追記:本人のブログですでに公表済み)
  • 出川哲朗 さん
  • 羽生結弦 さん
  • 日村勇紀 さん
  • 藤川球児 さん
  • 丸山茂樹 さん
  • 吉田沙保里 さん
  • 吉田拓郎 さん

多分まだまだいらっしゃるかもしれません。色んなまとめサイトで掲載されていると思います。

喘息を持ちながらの活躍に敬意

現在も活躍され、また話題になっている方も多いですね。

皇族の中で喘息持ちの方がいらっしゃったのには少し意外でした。

目立って活躍されている方たちなので、取り上げられますが、そうではない人達にも喘息持病の人はたくさんいるのでしょう。

今はとにかく、あの苦しさと付き合いながら、人前で仕事をされていることが、すごいなと敬意を表すばかりです。今後も活躍し続けて欲しいですね。ただし無理をなさらないようにしていただきたいと思います。

ほとんどが薬で対処されている

しかしほとんどが、体調管理をして、薬などで抑えている人だと思います。中にはスポーツ(水泳、野球、サッカー、陸上、スケート、レスリングなど)でかなり体を鍛えて体質改善した方もいると思います。

喘息は最終的には、≪体調管理=薬でコントロールする≫しかないようです。

薬がこの世から無くなってしまったら、または効かなくなってしまったら、皆さんどうするのでしょうか。前回に書きましたが、体内に持っている毒素を排出する作用が喘息なので、体質改善してもその元が無くなっていない限り、再度発症する確率は高いです。

その出てこようとしている物資を薬でコーティングしてせき止めている形なので、その堰があるうちは良いですが、何らかの原因で崩れたり、止める能力が無くなってしまったら、その時は覚悟が必要となります。

まとめ

大変な症状を、何とか抑えて人並み以上の活動をされることは、すごいことだと思います。この病気を完全に治す方法は、確立されていませんが、自分は模索を続けていきたいと思います。

喘息は、自然環境にも影響される病気です。自然の仕組みと今起こっているある変化について書いている記事がありますので合わせてご覧いただければと思います。

↓ ↓

植物(野菜等)の虫媒花、風媒花を種類ごとにまとめてみました

自然に合った、薬に頼らない方法が確立されることを願っています。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大