白い花には、白い色素は無いけれど、無色の色素は存在している

こんにちは。

暖かい気候になりました。木々の花や草花がたくさん咲いています。新緑も眼を癒してくれます。

植物を通して、色々考えていくシリーズですが、今回は、白い花の色の理由を学んでいきたいと思います。世間一般に、白い花はよく見かけることと思います。その白い花には、白い色素が存在していると思われますが、実はそうではないそうです。

また、花には人間には見えない色素が存在し、昆虫を引き寄せ、受粉させる戦略があるということも書いてみたいと思います。

花は中心部の色で昆虫たちを引き寄せる

自分が見たことがある白い花としては、思い付くままに挙げてみますと。

ツバキ、キキョウ、イチゴ、キク、バラ、エンドウ豆、ホタルブクロ、ナデシコ、サギソウ、ツツジ、ハマダイコン、モクレン、ハギ、シロツメクサ 等々

図鑑で調べるまではしませんが、まだまだたくさん存在します。樹木にも、草花にも種類が多いと思います。

左上:シャリンバイ 右上:シロツメクサ 左下:ツツジ 右下:イチゴ

しかし、実際よく見てみると、花全部が白ではなく、中心部が黄色や赤色のものが多いようです。これは、花粉を虫たちに運んでもらうための戦略と言われています。

中心部の色を濃くすることで、昆虫たちを引き寄せるネクターガイドの働きを持たせています。

白い色素を持った純白の花は存在しない

実は、白い花が白く見えるのは、花弁に含まれている小さな空気の泡(気泡)が光を反射するためで、白い色素で白く見えるわけではないようです。

これを簡単に確認する方法は、白い花を水で濡らしてみるとわかりやすいです。水でぬれた部分は、色がぬけて透けて見えるようになります。このことからも白い色素が含まれていないということがわかります。

では白い花には全く色素が無いのかというと、そうでもなく、フラボノイドという無色の色素が存在します。

フラボノイドは可視領域の光をすべて吸収してしまうので人間には無色に見えますが、紫外領域の光を反射するので昆虫の目には色がついてみえます。昆虫は可視領域だけでなく、紫外領域の波長の光も色として認識できるからです。

昆虫は、人間と違い、白い花を気泡の光の反射で認識するのではなく、無色のフラボノイドの光の反射で色がついてみえるとのことです。人間とは見えている光の領域が違うのですね。

花粉を運んでくれる昆虫に認識されないと子孫を残すことが出来ず、やがて淘汰されてしまうので、自然界にはフラボノイドを含む色素化合物を全く蓄積していない、虫にとっても白く見える純白な花はほとんどありません。

(農研機構 花き研究所HPより引用)

つまり人間にとっても、昆虫にとっても純白の花というものは、ほとんど存在しないということです。まれに園芸品種では存在するようですが。

また、人間が見ると、中心部の色が濃くは見えない花であっても、昆虫たちには花の中心部の色が濃く見えるようです。これは、中心部ほどフラボノイドの色素が多くなっているためと言われています。

無色の色素:フラボノイドの効能

フラボノイドというと、何か聞き覚えのある単語だなと思いましたが、

フラボノイドとは、植物に含まれている色素、苦味、辛味成分であり、ポリフェノールのひとつです。
フラボノイドは種類によって特徴や作用が異なりますが、多くが強力な抗酸化作用を持っており、サプリメントなどに広く利用されています。

(わかさ生活のホームページから引用)

すごい色々と研究されているようです。

食品や、サプリメントなどでも摂取でき、フラボノイドの効能も書かれています。

〇目の健康を維持
〇血流を改善
〇生活習慣病を予防
〇更年期障害改善
〇アレルギー症状を緩和

その他、ガム等にも使用されていて、

〇口臭予防効果

が期待できるみたいです。

成分そのものは、植物から抽出するのか、化学合成するのかはわかりませんが、植物成分が暮らしの色々なところで利用されていることが少しだけわかりました。

まとめ

(Wikipediaより)

人間は、白い花の色を楽しみますが、植物と昆虫は、お互いに子孫を残すための戦略を見えないところで、繰り広げているようです。調べたら面白いなと思います。

白い花には白い色素がなく、無数の気泡が光に反射して白く見えるということがわかりました。

また色々考えていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大