「こうのとりのゆりかご」が必要無くなる世の中を

こんにちは。

(8/19 加筆修正)

望まない妊娠をして、子供をどうするか悩む女性について取り上げるニュースを見たりします。自分の身近にも、シングルマザーで頑張っている人もいれば、やむなく中絶した・・・という人も少数ですがいらっしゃいます。

様々な理由があって、対応は厳しいかもしれませんが、命が宿った以上、胎児は生きる権利があるわけです。その命を救う取り組みと、こういう問題が起きる根本はなんだろうかと、そのことについて書いてみたいと思います。

いのちを救う活動「こうのとりのゆりかご」

少し前ですが、神戸にある助産院が、赤ちゃんポスト(こういう表現は賛否があると思いますが)の開設について計画しているというニュースを見ました。

親が育てられない新生児を匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)について、関西での設置を目指すNPO法人が9日、神戸市北区の助産院に開設する計画を発表した。時期は未定だが、実現すれば2007年に運用を始めた熊本市の慈恵病院に次ぎ、全国2例目となる。

神戸市北区ひよどり台2の「マナ助産院」に、NPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」(大阪府箕面市)が設置する。ゆりかごはスタッフルームの一角に新設し、約800万円の費用を見込む。

また、望まない妊娠をした妊婦らの電話相談に応じる窓口を、今年9月にも設けるという。

(中略)

慈恵病院は15年度末までの約9年間に計125人の新生児を受け入れており、近畿からも10人が預けられた。NPO法人は関西の医療関係者や母子支援に取り組む市民グループが昨年9月に設立。マナ助産院は1993年の開設以来2千人以上の出産を扱った。現在9人の助産師が24時間体制で出産に対応している。

※平成29年2月9日の神戸新聞より抜粋

そもそも、こうのとりという鳥が、どうして子育ての象徴のように言われているのかを、あまり知らなかったので、調べてみました。

ヨーロッパでは、コウノトリは幸せを運ぶ鳥と言われ、長く愛され続けています。
ドイツでは、春になると北アフリカからコウノトリが渡ってきて、人家や教会の屋根に巣を作り、ヒナを育てます。暖かくなるとやってくるため「コウノトリは暖かい日を運んでくる」と言われて、その飛来が楽しみに待たれるようになりました。
コウノトリが巣を作った家は火災や雷に遭うことがないと言われています。またその家は豊かに長生きして暮らせるという言い伝えもあります。親鳥は愛情を持って、かいがいしくヒナの世話をするため、コウノトリは親子の愛情のシンボルともされています。自分の羽毛がすり切れてしまうくらい、ヒナのために一生懸命エサを探し、丁寧に育てていきます。その親鳥が年をとってくると、今度は子どもが親の世話をするのです。そんなコウノトリの姿を見て、ヨーロッパの人たちは親子の深い愛情を感じ、微笑ましく見守ったのでしょう。

※JXエネルギーのHPより引用

こうのとりは、丁寧に子育てをして、その子供が大きくなると、今度は子供が親の世話をするようです。このことから、この名称が付けられたのではないかと思います。

この計画は、悩む妊婦さんと赤ちゃんのいのちを救うことを目的としており、最終的には、その子の養子縁組みまで検討されているようです。

施設では、性教育やいのちの教育を行っています。子供たちの感想も載っていました。

感じの良い場所

実は、マナ助産院は、自分の子供の出産でお世話になったところなのです。アットホームな雰囲気で感じが良く、出産に立ち会いましたが、病院独特の冷たさを一切感じず、妻と共同作業で産むことができました。産後の食事も大変おいしかったそうで、お世話になって本当に良かったと思います。

慈恵病院も、マナ助産院も、キリスト教系(派は違うみたいです)の病院です。

感じの良い場所や人になるには、やはり信仰心は大事だなと、この助産院を利用して感じました。

根本的な解決策は何か

現在、最高学府に在籍している人間や、卒業している人間でさえ、性に関する問題を起こし、犯罪者になるケースが多く見られます。学問は道徳心を身につけるには力不足なのでしょうか?

望んで妊娠したにも関わらず親の生活苦や、健康面で堕胎されてしまう子供たちもいます。

欲望を我慢できない精神面の欠如、自活することができない貧困、問題を受け止めきれない社会システムなど、色々な面で解決が必要な課題が多く積み上がっていると思います。

野蛮性を取り除き道徳心を高めるには、やはり宗教の教えが、有効なのではないかと思います。世の中に感じの良い人が増えれば、忌まわしい行動が減るばかりか、お互いを思いやり、幸せの輪が広がっていくと思います。

また、感謝の言葉を口に出したり、自身の言動を善の方向に変えるのは、信仰がなくてもすぐできることです。言霊の力は人格も変えることができることを、斎藤一人さんは言われています。

そして根本的方法は、人の目口にとらわれず自分自身が立派な人間になる努力をすることだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)